カテゴリー

HOME  >  無機材料部門について  > 無機材料部門の歴史

無機材料部門の歴史

1926(大正15年) 青焼図面用赤血塩の製造を始める
1940(昭和15年) 青焼図面用赤血塩製造で日本海軍の指定工場となる
1947(昭和22年) 陶磁器用絵具を開発、製造販売開始
1951(昭和26年) 焼付用ガラス絵具を開発、製造販売開始
1976(昭和51年) 電子材料用低融点ガラスの製造販売を開始
1977(昭和52年) 自動車用EXカラーの製造販売開始
精密加工用低融点ガラスの製造販売開始
1980(昭和55年) プラズマディスプレイ用材料の開発を開始
1982(昭和57年) チップ抵抗用ガラスペーストをの製造販売を開始
1984(昭和59年) 無機材料研究所完成
1989(平成元年) 無機材料精密加工用製造棟完成
1997(平成9年) セラミックコンデンサー用ガラス材料の製造販売開始
自動車用EXカラーの無鉛化を開始する
2000(平成12年) 無機材料製造部西棟完成
プラズマディスプレイ用ペーストの量産を開始
2001(平成13年) 装飾用ガラスカラーに無鉛商品をラインアップ
2003(平成15年) 導電ペースト用無鉛ガラスの製造販売を始める
2005(平成17年) ITOナノ粒子ペーストの開発
2008(平成20年) クロムフリー黒色無機顔料の製造販売を始める
自動車用EXカラーの製造ラインを増設
2009(平成21年) 無機薄膜形成用ペーストの製造販売を開始
2010(平成22年) 酸化チタン薄膜形成用ペースト「Nanosmart SK」を製品化
2013(平成25年) ゾルーゲル法によるシリカ系薄膜コーティング液「Protector」シリーズを製品化
2016(平成28年) 総合技術研究所完成

奥野製薬の製品紹介

無機材料部門について